道の駅雷電くるみの里は、江戸時代の名力士“雷電為右衛門”のふるさと。

 
道の駅雷電くるみの里
 
TEL 0268-63-0963
FAX 0268-63-0966
    
          とうみし しげの おつ
長野県東御市滋野乙4524-1
 
最寄駅 滋野駅
最寄駅 佐久平、上田
小諸、東部湯の丸 
──────────────
●施 設
 
(8:00~19:00)
 
(7:00~19:00)
 
雷電資料館 入場無料
(9:00~18:00)
 

 
◆24時間利用可
 
(普100 大20 他2)
 ニ輪駐車場もあります
 他→身体障害者用屋根付き
 
(男-小12大3 女-15)
 
 
──────────────
qrcode.png
http://raidenkurumi.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
056380
 

道の駅 交流品

 
 
 道の駅 雷電くるみの里では、県外県内の道の駅の特産品を取り寄せています。行くにはちょっと遠いけどここで買える♪以前現地で見て気になっていた商品がある!というお客様のお声をいただいております。ぜひご覧くださいませ。
   
道の駅 雁の里せんなん「雁太郎」(秋田県)
 道の駅雁の里せんなん雁太郎より~秋田の漬物いぶりがっこが届きます
 
秋田県美郷町仙南にある道の駅です。こちらの道の駅には、秋田の代表的な漬物「いぶりがっこ」があります。いぶりがっこについて、雁の里せんなん 高橋さまにお話を伺いました。
 

いぶりがっこは秋田県で食べられている漬物です。「いぶり」は燻した、という意味で、「がっこ」は漬物、という意味です。がっこは漢字で「雅香」が訛ったものともいわれています。

いぶりがっこというものはまず、秋頃になって収穫した大根を大量につるし、桜の木などで燻します。それを糀などで数ヶ月漬けます。

 
 
 燻し加減や、漬けるときの漬け原材料の量などで、作る人によって微妙に味が違います。漬けた期間によって、歯ごたえも変わってきます。普通は、長く漬けるほどやわらかくなります。いぶりがっこで使われる野菜は、大根が主ですが、にんじんを燻したものもあります。にんじんを燻したものは作る人が大根に比べると少ないです。

 おいしいいぶりがっこの見分け方は、個人の好みによりますが、太いほうがおいしいとされています。その他、いぶりがっこの燻した匂いが好きな人はより色が暗いものを、あまり燻した香りが好きでない人は色が薄いものをおすすめします。

 道の駅雁の里せんなんでは、雷電くるみの里様に主に2人の製造者のいぶり大根を提供しています。菊田きみ子さんが作るいぶり大根は甘みと塩味のバランスがちょうどよく、食べやすいです。渋谷耕蔵さんが作るいぶり大根は塩味が利いてご飯に合います。二つとも、当店ではかなりの人気商品です。

雷電くるみの里 交流品 雁の里せんなん いぶりがっこ
   
道の駅 おおつの里 花倶楽部 (千葉県)
道の駅 おおつの里より~ 色鮮やかな旬の花がたくさん届きます
千葉県南房総市にある花とくだものが豊富な道の駅です。国道127号線から一般県道犬掛館山線に約2Km入った山里にあり、長屋門風の建物と4,000坪の温室(農場)があります。温室では、年間十種類以上の南房総特産の切花類が栽培され、園内を散策して自由に見学できるほか、併設されている国内でも最大級の全天候型花摘み園で花摘み(有料)もたのしむことができます。また初夏には大粒の房州びわが、夏にはメロンなど旬のフルーツを味わうことができます。カフェのおすすめメニューは、びわカレー。物品販売施設では、新鮮な切花が並びます。
 
道の駅 花の駅・千曲川 (長野県)
 道の駅 花の駅・千曲川より~ 雪の下で越冬した甘いスノーキャロットジュースなどが届きます
 長野県飯山市にある花の香りいっぱいの道の駅です。道の駅「花の駅・千曲川」は日本最大河川・千曲川の中間地点にあります。 春は桜づつみの堤防沿いが桜色に染め上げ、千曲川の向こう岸には菜の花畑の鮮やかな黄色が映えるシチュエーションです。 景観条例のおかげで周辺に大きな看板表示がなく、周辺の景色は抜群! 夏は日本の田舎を思い起こすような山並みと青空、秋は豊かな田園風景、冬は壮大な雪景色に囲まれます。こちらの道の駅では、スノーキャロットジュースが大人気。冬の間、雪の下で育ったあま~い人参、地元産スノーキャロットを100%使用したジュースです。
 
 
 
道の駅 おばあちゃん市・山岡(岐阜県)
 道の駅 おばあちゃん市・山岡より~特産の寒天が届きます
 岐阜県恵那市山岡町、大きな水車がある道の駅です。笑顔の素敵な駅長さんとスタッフの方が「おかえり」という気持ちで迎えてくれます。特産品は寒天。昼間の乾燥、夜間の凍結を何回か重ね寒天に姿を変えます。晴天が多く昼夜の気温差が大きい、ここ山岡ならではの気候が大変質のよい寒天を生み、今では全国シェア80%の日本一の「寒天の里」となりました。恵那市特産山岡細寒天は、海藻の天草(テングサ)だけを 原料とし、ローカロリーながら鉄分やカルシウム、 食物繊維が豊富です。 自然の外気(-5℃~-10℃)と水田のほ場を活用して 昭和初期より作られる山岡細寒天は、特許庁による 地域ブランド(地名と商品・サービス名を組み合わせてブランドとして活用する地域団体商標)の第1弾として 認定されました。
 
道の駅かわうその里すさき 園芸王国(高知県)
道の駅 かわうその里すさき 園芸王国より~爽やかな香りの文旦が届きます
高知県須崎市にあるカワウソで有名な道の駅です。国道56号線沿い、高知自動車道須崎西ICすぐ近くにあります。高知自動車道からは道の駅専用降り口がありとても便利です。道の駅の隣にはニホンカワウソが最後に発見された川、新荘川があります。四国最大級の道の駅かわうその里すさきは、かつおのワラ焼きタタキの実演(体験可)が見ることができる珍しい道の駅。その他、焼きガツオ、アイスクリン、高知の地酒や銘菓などお土産も豊富にそろっています。特産の土佐文旦は皮がやや厚めですが、果肉がしっかりとしまっており、さわやかな甘みが特徴です。毎年1月~4月くらいまで入荷します。大人気のフルーツです。
 

道の駅交流についてのお問合せ

道の駅交流についてのお問合せ
 
道の駅雷電くるみの里と道の駅交流をしてみたい!という道の駅の方、ぜひご連絡下さい。
下記フォーム、FAX 0268-63-0966 をご利用ください。お待ちしております。
(道の駅雷電くるみの里 駅長)
 

 
フォーム
お名前
 
 
ご連絡先
 
 
お問い合わせ内容
 
 
<<道の駅 雷電くるみの里>> 〒389-0512 長野県東御市滋野乙4524-1 TEL:0268-63-0963 FAX:0268-63-0966